看護師夜勤つらい人へ

看護師夜勤つらいのはわたしだけ?

看護師で夜勤がつらいという人は結構います。わたしもそうでしたし、多くの人がそんな風に感じている筈です。

でも中には結構好きっていう人もいたりして、そんな話を聞くと「自分は向いてないのかなぁ」なんて思う人も多いんじゃないでしょうか?

看護師が夜勤をつらいと思うのは至って普通のことですし、年齢が上がるごとにどんどんしんどくなっていきます。
それは正しいことで、実は夜勤が有害であるという話は色んなところで出てきているんです。

夜勤というのは明らかに有害です。夜勤・交替制勤務が働くものの健康・作業能率・生活に「有害」であることは一般的にも知られるようになってきました。大幅増員の街頭署名に応じてくれた青年が「夜勤は身体に悪いそうですね。夜はメラトニンが抑制されてがんになりやすいとNHKで見ました」と話しかけてきてくれた時は、広がりを実感しました。しかし、一方で24時間型社会が進行し、夜勤に従事する労働者は増加しています。低賃金や長時間労働の対策として夜勤業務を選択する労働者も出てきています。実感する「生活」への対策が最優先され、健康や安全が二の次にされているのが実態です。

月刊『医療労働』2013年11月号より抜粋

つまり、看護師が生活のために有害でつらい夜勤をさせられている実態は2013年の時点で既に問題になっているのです。しかも看護師不足により夜勤のつらさは年々ひどくなってきています。では、その見返りとして十分な手当てを貰えているかというと、そうでもありません。
それは夜勤が当たり前のこととして病院勤務の看護師の労働があるからなんです。

わたしは看護師になって2年目から3年目の間くらいで日勤のみの職場へ転職しました。
夜勤をしていたころと比べると、見違えるように健康的でゆったりとした生活が出来ています。
夜勤がなくなったからといって年収も下がっていません(年収500万円くらい)。

看護師の夜勤 2交代と3交代どちらがつらいか?

病院で交代勤務をしていると2交代と3交代があります。わたしは過去に3交代勤務をしていましたが、どちらがつらいとは一概には言い切れない面があります。

勤務時間から見ていきましょう。

2交代
日勤→ 8:30~17:30
夜勤→ 16:30~9:00
3交代
日勤→ 8:30~17:30
準夜勤→16:30~1:30
深夜勤→0:30~9:00

のようになります。

ちなみに法律上、夜勤は1ヶ月に72時間以内と決められているので、2交代なら月に4回、3交代なら月に8~9回くらいが限度になっています。
夜勤手当は当たり前ですが、2交代の方が多くもらえます。連続16時間も勤務するわけですから当然と言えば当然ですね。

2交代制夜勤のつらさ

2交代の16時間労働というのはかなりの労働時間なのですが、これは設定上仮眠ありきの勤務形態です。ですが、実際は仮眠はほとんどとれてない現状です。
日本看護協会による夜勤の仮眠時間調査では60~120分が45.8%と一番多く、一晩2時間以内の仮眠しか出来ていないことになります。これでは過酷な勤務と言われても仕方ありません。

海外の2交代勤務の考え方とはかなり違うらしく、日本の看護師の2交代は交代勤務ではなく圧縮勤務であると指摘を受けているように、かなり過酷な現状です。

3交代制夜勤のつらさ

3交代勤務のつらい点は残業の多さです。日勤深夜や準夜日記と仕事の終点が多くなりますので、その分残業が増えます。
日勤深夜の場合、理論上は5時間ほど帰宅できるわけですが、1~2時間ほどの残業は当たり前の世界ですし、会議などにもでなければなりません。

理論上の5時間はどこ吹く風で、実際は2~3時間くらい帰宅できれば良い方になっているのが現状です。こうなってくると、2交代制の連続16時間勤務とそれほど変わらない状態になってきます。

また、勤務形態が日勤・深夜・準夜とパターンが増えるにしたがって、勤務交代が難しくなるのも問題です。なにかあった時に多方面に迷惑をかけてしまうため、無言の圧力で結局無理にでも出勤してしまうのが当たり前になっています。

どちらにしても、夜勤のこんなことがつらい

2交代・3交代に関わらず、夜勤というのは色々あります。

・ナースコール連打の患者さん
・夜間せん妄や不穏の患者さん
・緊急入院
・急変
などなど

ただでさえ忙しいのに、このような突発的な出来事が起こるとどうしようもなくなります。夜勤は責任者が不在の中で対応するわけですから、精神的にもとても疲れます。
一生懸命勤務をこなしても、朝の申し送りで対応の間違いを叱られたなんてこともしょっちゅうで、そうなると疲労は倍増です。

夜勤なし看護師求人なら

1位看護のお仕事

「サービス満足度 №1」「コンサルタント対応満足度 №1」「友達にすすめたいランキング №1」の3冠を達成した「看護のお仕事」はまさに業界のスタンダードです。特に担当者(コンサルタント)が丁寧で、

・希望する職場に求人がなくても改めて需要を調べてくれる。
お給料などの待遇面の交渉を代わりにやってくれる。
転職後のトラブルも相談に乗ってくれる
転職お祝い金も最大12万円あり。

まさに2017年度10月現在で必ず押さえておきたい転職サイトです。

 

2位MCナースネット

『MCナースネット』では他の転職サイトではあまりない企業や学校関連の求人が豊富です。看護師の様々な働き方を追求してくれているのに好感が持てます。夜勤や病院が嫌になった方には是非おすすめします。健診や派遣、ツアーナースなどの案件も他より豊富です。

3位ジョブデポ看護師

「ジョブデポ看護師」は広告費をお祝い金にあてることで最大40万円ものお祝い金を貰えるようになっています。無料登録することで非公開求人の中身もチェックできるようになりますので、是非登録してみてください。

看護師夜勤つらい~人間関係

人間関係も夜勤のつらさのひとつでしょう。

病棟看護師はチームで動いていますから、様々な人間がいます。そうなると合う人合わない人というのが出てきます。また、派閥のようなものもあり、仲の良くない人がパートナーの夜勤だと本当に苦行です。
夜勤中一言も口をきかないなんてこともあり、する方もされる方も朝までとてもつらい時間を過ごさねばなりません。

当直医や当直婦長との関係もまた問題です。
名目上はいつでも連絡して良いのですが、医師や婦長によっては明らかに不機嫌な状態だったりして遣わなくていい気を遣わねばなりません。自分の病棟の医師や婦長であれば人となりもだいたいわかるのですが、そうでない場合の方が多いですから最後の頼みの綱もあまり使いたくないという状態になってしまいます。

患者さんの様態がコールするかどうか悩むような場合、夜勤のパートナーは口をきいてくれず、当直医や当直婦長にはあまり連絡したくないというような状況では気持ちがまったく休まることがありません。
そんなストレスフルな状態で一晩過ごし、またそれが月に何回もある。このような状態では看護師が夜勤をつらいと感じるのは当然のことです。

看護師夜勤がつらい時の対策はこちら

心身ともに疲労した状態で夜勤をしているとどうしてもミスなども起こってきます。
インシデント報告だけですむようなものだと良いのですが、生命に関わるような事故が起こってからでは間に合いません。
夜勤のつらさを少しでも軽減できるように少しでも対策をしておきましょう。

対策としては、

・ストレスを溜めないように趣味を持つ
・日頃から良好な人間関係をとれるように務める
・対応困難な事例をカンファレンスに出しマニュアル化しておく
・精神的にしんどい時は、専門医の診察を受けておく

人一倍ストレスのかかる看護師の夜勤ですから、このようなことを意識して対策するだけでも随分違う筈です。

特に、専門医の診察を受けておくというのはいざとなったら「夜勤をとめてもらえるように診断書を書いてもらう」こともできますし、何かあった時のために自分の身を守る武器になってくれるのでオススメです。

とはいえ、趣味と言っても休みの日には疲れて寝るだけだし、良好な人間関係って言うのは簡単だけど難しいという方も多いんじゃないでしょうか?

あまりにも夜勤がつらいなら夜勤なし看護師で働くというのも一つの手です。
最初に書いたようにわたしは日記のみの看護師として働いていますが、とても有意義な毎日を過ごせています。

夜勤がないとお給料が心配という方が多いかもしれませんが、わたしで年収500万。恐らく病棟勤務で夜勤をしている看護師さんとそれほど変わらない年収なのではないでしょうか。

病棟でも看護師不足なのですが、地域ではもっと深刻な看護師不足です。
病院にこだわらずに探してみると、看護師でも「夜勤なし」「日勤のみ」という職場はたくさん見つかります。そのようなところは大体1~数名の募集ですから、ハローワークやナースバンクではなかなか見つかりません。
見つけるコツは看護師求人サイトに無料登録して非公開求人の中から探すのが一番確実です。

いつまでも、つらい夜勤を我慢せずに夜勤なし看護師求人を探してみるともっと素敵な人生になるかもしれません。

オススメ求人サイト

1位看護のお仕事

「サービス満足度 №1」「コンサルタント対応満足度 №1」「友達にすすめたいランキング №1」の3冠を達成した「看護のお仕事」はまさに業界のスタンダードです。特に担当者(コンサルタント)が丁寧で、

・希望する職場に求人がなくても改めて需要を調べてくれる。
お給料などの待遇面の交渉を代わりにやってくれる。
転職後のトラブルも相談に乗ってくれる
転職お祝い金も最大12万円あり。

まさに2017年度10月現在で必ず押さえておきたい転職サイトです。

 

2位MCナースネット

『MCナースネット』では他の転職サイトではあまりない企業や学校関連の求人が豊富です。看護師の様々な働き方を追求してくれているのに好感が持てます。夜勤や病院が嫌になった方には是非おすすめします。健診や派遣、ツアーナースなどの案件も他より豊富です。

3位ジョブデポ看護師

「ジョブデポ看護師」は広告費をお祝い金にあてることで最大40万円ものお祝い金を貰えるようになっています。無料登録することで非公開求人の中身もチェックできるようになりますので、是非登録してみてください。

      2017/07/28

 - 看護師夜勤つらい , ,