夜勤なし看護師は指輪をつけてても良い!?

夜勤なし看護師は指輪をつけたまま仕事が出来る?

「看護師は指輪をつけるべきではない」というのはよく言われることです。
滅菌した物品を扱いますし、患者さんを傷つける恐れもあります。
手洗いの効率を考えれば、当然と言えば当然の話ですよね。
指輪と皮膚の間に入りこんだタンパク質由来の汚れは雑菌の温床になりますから。

しかし一方で結婚指輪や恋人とのペアリングなどは、24時間肌身離さずつけておきたいという気持ちがあるのも事実です。いくら理屈の上でわかっていることでも、気持ちにそぐわないことはストレスが溜まるものです。看護師も人間です。気持ちというのは人間にとって大事なことですよね。

もしかしたら、指輪反対派の厳しい先輩も恋人が出来たら変わったりするかもしれません。

※もちろん、ファッション感覚でつける指輪にはわたしは反対ですよ!

さて、最初に戻りますが、指輪を外して働くということには罰則こそないもののある種のルールであることは確かです。

しかし現実問題としてどうでしょうか?
内科や療養型病床群など比較的落ち着いた病棟に勤める看護師や、外来の看護師には結婚指輪をつけている人がいませんか?
経験上結構な頻度で見るように思うんです。
反対に救急外来、ICUやオペ室などではあまり見ませんよね。

これは上にも書いたように清潔の問題が大きく絡んでいるのではないかと思います。
指輪が滅菌手袋を破る恐れがあったり、指輪と指の隙間の汚れ、また指輪の形状によっては溝の中に汚れが溜まることがあります。そういった汚れは健常者には問題がなくても、患者さんにとっては危険なものになったりします。

そういう重篤な患者さんを看る場所では「指輪は外す!」というルールは自然と厳しくなるでしょう。
逆に、慢性期の患者さんを看るような場所においてはそのルールは緩くなってきます。

では、夜勤なし看護師ではどうでしょうか?

結論を言えば結構な割合でみなさん結婚指輪をつけています。

夜勤なしということは、基本的に重篤な患者さんはいません。介護分野の看護師もそうですし、訪問看護もそうです。企業看護師や保育所の看護師クリニックや外来の看護師もそうです。
つまり、指輪が問題になるような重篤な患者さんの対応をすることが少ないというのが大きな理由でしょう。
それに、夜勤なし看護師というのは結婚や出産後の再就職組が多いのも理由になっていると思います。

看護師として誇れる話ではないかもしれませんが、こういうちょっとユルめなところも夜勤なし看護師求人の良いところだったりします。

オススメ求人サイト

1位看護のお仕事

「サービス満足度 №1」「コンサルタント対応満足度 №1」「友達にすすめたいランキング №1」の3冠を達成した「看護のお仕事」はまさに業界のスタンダードです。特に担当者(コンサルタント)が丁寧で、

・希望する職場に求人がなくても改めて需要を調べてくれる。
お給料などの待遇面の交渉を代わりにやってくれる。
転職後のトラブルも相談に乗ってくれる

まさに2018年度2月現在で必ず押さえておきたい転職サイトです。

 

2位MCナースネット

『MCナースネット』では他の転職サイトではあまりない企業や学校関連の求人が豊富です。看護師の様々な働き方を追求してくれているのに好感が持てます。夜勤や病院が嫌になった方には是非おすすめします。健診や派遣、ツアーナースなどの案件も他より豊富です。

3位ジョブデポ看護師

「ジョブデポ看護師」は広告費をお祝い金にあてることで最大40万円ものお祝い金を貰えるようになっています。無料登録することで非公開求人の中身もチェックできるようになりますので、是非登録してみてください。

      2017/12/02

 - メリット・デメリット, 夜勤のない職場 , ,