夜勤なし看護師の給料明細(2016年5月)

夜勤なし看護師の給料明細を公開(2016年5月分)

銀行振り込みになると給料明細を見る機会がぐっと減りますが、夜勤なしで看護師をしているわたしのはこんな感じです。
5月給料明細を見てもらえば残業なしでも25万円の手取りは貰えているのがおわかりかと思います。

ちなみに4月は残業した分、少し多く貰っていました。
(→全体的な夜勤なしの看護師の年収についてはこちらに書いています)

夜勤なし看護師の給料明細(2016年5月)

手取りにして26万円くらいです。これを少ないと見る方もいるかもしれませんが、わたしにとっては十分に生活出来る金額です。
とはいえもっと多く貰いたい。条件の良いところで働きたいと思いますよね?

少しでも条件の良い夜勤なしの看護師求人をお探しなら、ナースの働き方にこだわった「看護のお仕事」がオススメです。

夜勤なし看護師求人なら

1位看護のお仕事

「サービス満足度 №1」「コンサルタント対応満足度 №1」「友達にすすめたいランキング №1」の3冠を達成した「看護のお仕事」はまさに業界のスタンダードです。特に担当者(コンサルタント)が丁寧で、

・希望する職場に求人がなくても改めて需要を調べてくれる。
お給料などの待遇面の交渉を代わりにやってくれる。
転職後のトラブルも相談に乗ってくれる

まさに2018年度2月現在で必ず押さえておきたい転職サイトです。

 

夜勤なし看護師求人なら面接も楽勝

今の看護師不足は本当に深刻です。病院ですらそうなのですから、施設系や企業が多い夜勤なしの職場となるともっと深刻です。うちは介護施設なのですが、看護師の面接は本当にあっと言う間に終わります。

それは「とにかく来てほしいから」なんです。

さらにパートさん(もちろん夜勤なしです)として来られる方は様々な条件を提示されますが、その条件も全部飲む形で来てもらっています。

  • 出金は10時からがいい。
  • 昼までの勤務がいい。
  • 週2回くらいの勤務がいい。

全て通っています。それくらい看護師は売り手市場です。
条件が決まって一旦入ってしまえばなかなか変更されませんから、今のうちに良い条件で働き始めましょう。

常勤の看護師についても同様で、常勤なので勤務時間の相談というわけにはいきませんが、

  • 小さい子供がいるので希望休が多めになる。
  • 急なことで休むかもしれない。

などのことは許してもらえちゃいます。
なぜなら看護師が必要とされる職場には看護師の定員というものが決まっているんです。
それを切るようなことになると事業所として怒られます。なので、定員は絶対確保しておきたい。しかし、今はなかなか人が集まらない。

そういうわけでかなりユルい状態になっているわけです。
病院の勤務が合わないと思った方は、夜勤なしの看護師求人を探してみることをオススメします。

看護師求人サイトならハローワークやナースバンクが拾っていないような細かい求人も載っていますし、条件交渉を代わりにやってくれたりしますから交渉が苦手な人にもピッタリです。

もちろん、登録や利用は無料(ユーザーからはお金をとらず、病院や施設から紹介料を貰っているビジネスモデル)。
このサイトでオススメしている看護師求人サイトは個人情報の取り扱いもしっかりとしたところばかりですから、是非利用してみてください。

オススメ求人サイト

1位看護のお仕事

「サービス満足度 №1」「コンサルタント対応満足度 №1」「友達にすすめたいランキング №1」の3冠を達成した「看護のお仕事」はまさに業界のスタンダードです。特に担当者(コンサルタント)が丁寧で、

・希望する職場に求人がなくても改めて需要を調べてくれる。
お給料などの待遇面の交渉を代わりにやってくれる。
転職後のトラブルも相談に乗ってくれる

まさに2018年度2月現在で必ず押さえておきたい転職サイトです。

 

2位MCナースネット

『MCナースネット』では他の転職サイトではあまりない企業や学校関連の求人が豊富です。看護師の様々な働き方を追求してくれているのに好感が持てます。夜勤や病院が嫌になった方には是非おすすめします。健診や派遣、ツアーナースなどの案件も他より豊富です。

3位ジョブデポ看護師

「ジョブデポ看護師」は広告費をお祝い金にあてることで最大40万円ものお祝い金を貰えるようになっています。無料登録することで非公開求人の中身もチェックできるようになりますので、是非登録してみてください。

      2017/07/28

 - 夜勤のない職場, 給料・年収・手取り , , , , ,