夜勤なし看護師なら妊娠しやすい?

夜勤なし看護師なら妊娠しやすい?

夜勤なしの看護師なら妊娠しやすい?

「夜勤の看護師は妊娠しにくい」という噂が流れており、妊活やベビ待ちしている女性の中で不安を抱えている方はいます。

「夜勤の仕事で確実に妊娠率が下がる」というデータはないものの、不規則な生活を続けることで自覚症状はなくても自然と身体に異常が生じるケースは少なくありません。

・長時間労働によって腰痛や肩こり、むくみといった症状が悪化する
・慢性疲労による不眠で十分な睡眠がとれていない
・精神的なストレスで自律神経が乱れて卵巣機能や子宮機能が低下している
・女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンのバランスが崩れて生理不順を起こす
・夜食や間食を続けることで肥満やメタボリックシンドロームの原因になる

1ヶ月の夜勤の回数によって異なるものの、上記のような弊害があるからこそ妊娠しにくくなると考えられています。

特に、自律神経とホルモンバランスの乱れは妊娠率が下がりやすいと考えられており、夜勤をしている看護師は十分に注意が必要です。

実際に不妊治療を受けている看護師は多く、本格的に妊活やベビ待ちに取り組みたいのならば転職するのも選択肢の一つかもしれません。

夜勤なしの日勤常勤の職場で働けば少なくとも生活リズムは整えられますし、他にも体調を整えるケアを行っていれば妊娠しやすい体質へと導くことができます。
また妊娠~出産~子育てが落ち着くまで日勤常勤であれば融通がききやすいため、早めに夜勤なしの職場へ移っておくことは得策でしょう

心配なのは収入面ですが、しっかりした職場を選べば夜勤をこなしていると同じくらいの年収は貰えますので、妊活中の看護師にはオススメです。

当サイトでは看護師の転職をサポートしている『看護のお仕事』をご紹介しており、「上場企業が運営している」「非公開求人が多い」「全国エリアに対応している」というのが特徴です。

夜勤なし看護師求人も他のサイトと比較して圧倒的に多いので、看護のお仕事の公式HPで詳細を確認してみてください。

夜勤なし看護師求人なら

1位看護のお仕事

「サービス満足度 №1」「コンサルタント対応満足度 №1」「友達にすすめたいランキング №1」の3冠を達成した「看護のお仕事」はまさに業界のスタンダードです。特に担当者(コンサルタント)が丁寧で、

・希望する職場に求人がなくても改めて需要を調べてくれる。
お給料などの待遇面の交渉を代わりにやってくれる。
転職後のトラブルも相談に乗ってくれる

まさに2018年度2月現在で必ず押さえておきたい転職サイトです。

 

夜勤の看護師が妊娠率を上げるにはどうすれば良いの?

以下では、夜勤の看護師が妊娠率を上げるためにどのような処置を行えば良いのかご紹介しているので、一度チェックしておきましょう。

・ホルモンバランスを整えたり卵巣機能を高めたりする葉酸をサプリで摂取する
・妊娠しやすい体質を作るために有酸素運動を行って基礎代謝を高める
・生殖機能の衰えを未然に予防するためにストレスを発散させる
・アロマを焚いたり半身浴をしたりして睡眠の質を向上させる

昼夜逆転の生活を送っている夜勤の看護師でも、睡眠の質を高める努力をすれば自然妊娠できる確率を上げられます。

「不規則な生活を続けている=不妊治療を受けなければならない」というわけではないので、一度自分の生活習慣を見直してみてください。

オススメ求人サイト

1位看護のお仕事

「サービス満足度 №1」「コンサルタント対応満足度 №1」「友達にすすめたいランキング №1」の3冠を達成した「看護のお仕事」はまさに業界のスタンダードです。特に担当者(コンサルタント)が丁寧で、

・希望する職場に求人がなくても改めて需要を調べてくれる。
お給料などの待遇面の交渉を代わりにやってくれる。
転職後のトラブルも相談に乗ってくれる

まさに2018年度2月現在で必ず押さえておきたい転職サイトです。

 

2位MCナースネット

『MCナースネット』では他の転職サイトではあまりない企業や学校関連の求人が豊富です。看護師の様々な働き方を追求してくれているのに好感が持てます。夜勤や病院が嫌になった方には是非おすすめします。健診や派遣、ツアーナースなどの案件も他より豊富です。

3位ジョブデポ看護師

「ジョブデポ看護師」は広告費をお祝い金にあてることで最大40万円ものお祝い金を貰えるようになっています。無料登録することで非公開求人の中身もチェックできるようになりますので、是非登録してみてください。

      2017/07/28

 - メリット・デメリット, 心と体 , , ,