夜勤の看護師はダイエットできる?

夜勤の看護師はダイエットできるの?

夜勤の看護師はダイエットできる?

夜勤なしの病院や施設で働きたいと考える看護師は多く、その理由を下記では簡単にまとめてみました。

・勤務時間が長いので肉体的な疲れが溜まりやすい
・朝起きて夜に眠るという本来の人間のリズムとは異なる生活なので辛い
・嫌いな同僚や苦手な上司とペアで仕事をしなければならない時がある
・仮眠が一切取れなかった朝はフラフラの状態で自宅に帰らなければならない

このような理由から夜勤なし看護師求人が特に女性から人気を得ており、夜勤なしを希望する看護師が多いのは事実です。

上記に加えて、ダイエット効果が下がりやすいのも夜勤のデメリットなのではないでしょうか。

個人の体質によって異なるので一概には説明できないものの、夜勤の仕事は以下のような理由で太りやすいと考えられています。

・夜に寝ない生活を続けると新陳代謝を促すホルモンのレプチンの分泌が悪くなる
・日中に太陽の光を浴びない生活が続くと自律神経の交感神経と副交感神経が乱れてエネルギーの消費量が減少する
・神経伝達物質のセロトニンの不足でストレスが溜まり、過食の原因に繋がる
・代謝が低下している時間にお腹が空いてついついお菓子などをつまんでしまう

上記のような理由で太りやすく、ダイエットの弊害になるからこそ夜勤なしの職場で働きたいと考える看護師が多いのです。

看護師でも助産師でもダイエット効果を高めて理想的な体型を維持したいと考えるはずなので、転職するならば当サイトでご紹介している『看護のお仕事』の利用をおすすめします。

夜勤なしや土日休みなど個人のライフスタイルにピッタリの求人を見つけられるサイトなので、看護のお仕事で探してみてください。

夜勤なし看護師求人なら

1位看護のお仕事

「サービス満足度 №1」「コンサルタント対応満足度 №1」「友達にすすめたいランキング №1」の3冠を達成した「看護のお仕事」はまさに業界のスタンダードです。特に担当者(コンサルタント)が丁寧で、

・希望する職場に求人がなくても改めて需要を調べてくれる。
お給料などの待遇面の交渉を代わりにやってくれる。
転職後のトラブルも相談に乗ってくれる

まさに2018年度2月現在で必ず押さえておきたい転職サイトです。

 

夜勤の看護師はどのようにダイエットすれば良いの?

このページでは、夜勤の看護師に適したダイエット方法をご紹介しているので、痩せたいと考えている女性は一度取り組んでみましょう。

・時間がないからといって血糖値の上昇を引き起こす早食いを控える
・休憩時間にカロリーの摂取量が上がりやすいお菓子のダラダラ食いを避ける
・夜勤中にお腹が減ったらヘルシーな野菜スープや春雨スープを間食として食べる
・休日を活用してウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を習慣化する
・栄養不足による体調不良を予防するために激しい食事制限は避ける

このような点に気を配っていれば、夜勤の仕事をしていても身体に負担をかけずにダイエットに成功できます。

「海外のダイエットサプリを飲む」「炭水化物を一切食べないダイエットに取り組む」といった体調を壊しやすい方法はできる限り避けてください。

オススメ求人サイト

1位看護のお仕事

「サービス満足度 №1」「コンサルタント対応満足度 №1」「友達にすすめたいランキング №1」の3冠を達成した「看護のお仕事」はまさに業界のスタンダードです。特に担当者(コンサルタント)が丁寧で、

・希望する職場に求人がなくても改めて需要を調べてくれる。
お給料などの待遇面の交渉を代わりにやってくれる。
転職後のトラブルも相談に乗ってくれる

まさに2018年度2月現在で必ず押さえておきたい転職サイトです。

 

2位MCナースネット

『MCナースネット』では他の転職サイトではあまりない企業や学校関連の求人が豊富です。看護師の様々な働き方を追求してくれているのに好感が持てます。夜勤や病院が嫌になった方には是非おすすめします。健診や派遣、ツアーナースなどの案件も他より豊富です。

3位ジョブデポ看護師

「ジョブデポ看護師」は広告費をお祝い金にあてることで最大40万円ものお祝い金を貰えるようになっています。無料登録することで非公開求人の中身もチェックできるようになりますので、是非登録してみてください。

      2017/07/28

 - メリット・デメリット, 心と体 , ,