夜勤の看護師は仮眠をとれる?

夜勤の看護師は仮眠をとれるの?

夜勤の看護師は仮眠をとれる?

一切の仮眠をとらずに夜勤の業務をこなすのは身体に大きな負担が加わり、疲労感の蓄積に繋がるのでほとんどの看護師が仮眠をとっているはずです。

どのくらいの仮眠時間がとれるのか職場によって異なるものの、下記のように女性によって過ごし方には違いが生じています。

・少しでも身体を休めるためにアイマスクをして眠る
・一度横になると辛いから足を伸ばしてリラックスするだけ
・お腹が空くからスナックや菓子パンなどの夜食を食べる
・自分のための調べ物や勉強をする時間にあてる
・クロスワードやイラストロジックをして楽しむ

労働基準法では勤務時間が8時間以上に渡る場合は1時間の休憩時間を労働者へと提供しなければならず、この点に関しては看護師も一緒です。

一方で、仮眠時間に関する記載は労働基準法にはないので、夜勤の病院や施設で絶対にとれるわけではありません。

しかし、長時間の夜勤に仮眠がとれないと体力的に厳しく、病院側が看護師への配慮として手待ち時間を設けています。

手待ち時間には自分の好きなように過ごして良いのですが、直ぐに仕事を再開できるように準備しておかなければならないのです。

患者さんの容態が急変したり緊急入院で病棟が忙しくなったりするケースは病院では多く、ゆっくりと身体を休めないからこそ夜勤なしの看護師求人を探している女性が多いのではないでしょうか。

若い頃は体力的に問題はなくても、年齢を重ねるにつれてだんだんと厳しくなってきます。そんなナースは当サイトでご紹介している『看護のお仕事』の利用をおすすめします。

看護のお仕事では他に比べて求人の件数が圧倒的に多いので、夜勤なし看護師求人を探すのにも有利になっています。ぜひ積極的に活用してみてください。

夜勤なし看護師求人なら

1位看護のお仕事

「サービス満足度 №1」「コンサルタント対応満足度 №1」「友達にすすめたいランキング №1」の3冠を達成した「看護のお仕事」はまさに業界のスタンダードです。特に担当者(コンサルタント)が丁寧で、

・希望する職場に求人がなくても改めて需要を調べてくれる。
お給料などの待遇面の交渉を代わりにやってくれる。
転職後のトラブルも相談に乗ってくれる

まさに2018年度2月現在で必ず押さえておきたい転職サイトです。

 

夜勤の看護師はどのように仮眠をとれば良いの?

このページでは、今は仕方なく夜勤の職場で働いている看護師のために、効果的な仮眠の取り方をご紹介しているので一度実践してみましょう。

・スッキリと目覚めて業務に支障が出ないように15分間~20分間を守る
・午前2時から4時までの時間帯の仮眠は疲労回復効果が最も高い
・ベッドや布団で横になるのではなく背もたれを倒せる椅子を使う
・仮眠前に脳を覚醒させる作用のあるカフェインを摂取する(コーヒーや紅茶)

仮眠は一時的に身体を休めるために欠かせない行動ですし、脳に休息を与えると精神的にもリフレッシュできます。

直ぐに他の職場へと転職できるわけではないので、夜勤なしの病院や施設で働くまでは上記のような方法で仮眠をとって身体への負担を緩和してみてください。

オススメ求人サイト

1位看護のお仕事

「サービス満足度 №1」「コンサルタント対応満足度 №1」「友達にすすめたいランキング №1」の3冠を達成した「看護のお仕事」はまさに業界のスタンダードです。特に担当者(コンサルタント)が丁寧で、

・希望する職場に求人がなくても改めて需要を調べてくれる。
お給料などの待遇面の交渉を代わりにやってくれる。
転職後のトラブルも相談に乗ってくれる

まさに2018年度2月現在で必ず押さえておきたい転職サイトです。

 

2位MCナースネット

『MCナースネット』では他の転職サイトではあまりない企業や学校関連の求人が豊富です。看護師の様々な働き方を追求してくれているのに好感が持てます。夜勤や病院が嫌になった方には是非おすすめします。健診や派遣、ツアーナースなどの案件も他より豊富です。

3位ジョブデポ看護師

「ジョブデポ看護師」は広告費をお祝い金にあてることで最大40万円ものお祝い金を貰えるようになっています。無料登録することで非公開求人の中身もチェックできるようになりますので、是非登録してみてください。

      2017/07/28

 - 夜勤の現状, 心と体 , ,