ブランクがあっても夜勤なし看護師求人を探せる?

ブランクがあっても夜勤なし看護師求人を探せるの?

ブランクがあっても夜勤なしの看護師求人

出産などのブランクがあると、夜勤なし看護師求人を探すのは難しいのではないかと疑問を抱えているナースはいます。

確かに、出産で一時的に現場から離れていたけれど、復職したいと考えている看護師は多いかもしれません。

結論から言えば看護師ならばブランクがあっても現場復帰は十分に可能で、求人によっては夜勤なしや土日休みなど個人の要望に応えてくれます。

一口に看護師と言っても様々な働き方ができ、復帰の際のポイントさえ抑えていればブランクがあっても自分のライフスタイルに合わせた求人を見つけられるのです。

そこで、どのような点に注意して夜勤なし看護師求人を探せば良いのか下記でまとめてみました。

・ブランクを埋めるための最新医療の現状や動向についての勉強をする
・子育てや家事と両立していくことができるのか考える
・自分をフォローしてくれる体制が整っている職場か求人を探す際に確認しておく
・復職支援プログラムや研修制度を取り入れている求人を選ぶ

上記のようなポイントを抑えておけば、一定期間のブランクがあったとしても特に大きな弊害にはなりません。

システムエンジニアやネットワークエンジニアのように、少しのブランクが致命的になるケースも少ないはずです。

「ブランクOK」「夜勤なし」という条件を叶えるためには求人の件数が多い看護師求人サイトを利用しなければならず、当サイトでご紹介している『看護のお仕事』をおすすめします。

全国の非公開求人も『看護のお仕事』には多いので、公式ホームページで詳細を確認してみてください。
無料で登録・利用できますから気軽に現在の看護師求人の現状を知ることができます。

夜勤なし看護師求人なら

1位看護のお仕事

「サービス満足度 №1」「コンサルタント対応満足度 №1」「友達にすすめたいランキング №1」の3冠を達成した「看護のお仕事」はまさに業界のスタンダードです。特に担当者(コンサルタント)が丁寧で、

・希望する職場に求人がなくても改めて需要を調べてくれる。
お給料などの待遇面の交渉を代わりにやってくれる。
転職後のトラブルも相談に乗ってくれる

まさに2018年度2月現在で必ず押さえておきたい転職サイトです。

 

さて、現在では慢性的な看護師不足に陥っており、老人ホームやデイサービスを中心とする介護業界にも同じことが言えます。

大都市圏や首都圏では特にその傾向が強く、看護師の仕事はハードで離職率もそれなりに高いからこそブランクがあっても雇ってくれる病院や施設は多いのです。

子育てをしている女性ならば、絶対に夜勤なしの職場が良いと考えるかもしれません。

そのような女性にピッタリの看護師求人は幾つもありますし、インターネットの情報量は非常に多いのでハローワークを活用するよりもメリットが大きくなっています。

もちろん、「新人やブランクがある看護師に教えている暇はない」というスタンスの職場もあり、事前の下調べが重要です。

受け入れ態勢が整っている職場ならば、復職支援プログラムや復職支援研修など安心して看護師の現場に戻れるサポートが実施されているので上手く活用してみてください。

オススメ求人サイト

1位看護のお仕事

「サービス満足度 №1」「コンサルタント対応満足度 №1」「友達にすすめたいランキング №1」の3冠を達成した「看護のお仕事」はまさに業界のスタンダードです。特に担当者(コンサルタント)が丁寧で、

・希望する職場に求人がなくても改めて需要を調べてくれる。
お給料などの待遇面の交渉を代わりにやってくれる。
転職後のトラブルも相談に乗ってくれる

まさに2018年度2月現在で必ず押さえておきたい転職サイトです。

 

2位MCナースネット

『MCナースネット』では他の転職サイトではあまりない企業や学校関連の求人が豊富です。看護師の様々な働き方を追求してくれているのに好感が持てます。夜勤や病院が嫌になった方には是非おすすめします。健診や派遣、ツアーナースなどの案件も他より豊富です。

3位ジョブデポ看護師

「ジョブデポ看護師」は広告費をお祝い金にあてることで最大40万円ものお祝い金を貰えるようになっています。無料登録することで非公開求人の中身もチェックできるようになりますので、是非登録してみてください。

      2017/07/28

 - 夜勤のない職場, 転職サイトの使い方 , ,