交代勤務の看護師さん向け効果的なカフェインの摂り方

看護師向け効果的なカフェインの摂り方

交代制で働いている方は夜勤もありますから生活が不規則になりがちです。夜勤勤務中にいくら眠くなっても途中で眠るわけにはいきませんから、カフェインを摂るなどして対応しなければなりません。

しかしカフェインを摂っても眠気に襲われるという看護師さんもいるでしょう。ではどのようにカフェインを取れば交代勤務を乗り切ることができるのでしょうか?

看護師向け「効果的なカフェイン摂取法」

仮眠の際に15~20分後にアラームをセットし、その前にカフェインを摂取することです。
カフェインを飲用すると効果が現れるのは20~30分後になりますので、15~20分程度の眠りですっきり目覚められるようになります。このサイクルでカフェインを取るようにすれば疲労を感じる度合いも少なくなります。

ポイントは眠る前にカフェインを摂るということ。たとえば出勤前などはメイクをする前にカフェインを摂り、15~20分間程度眠ると、すっきりとした状態で出勤することができます。
勤務中に眠気が出てきた場合は、休憩時間前や仮眠時間前にカフェインを取るのがベストです。病院によっては仮眠時間がないところもありますが、その場合はカフェインを摂って15~20分程度、ナースステーションの机に突っ伏すだけでも全然違います。

カフェインには記憶力をアップさせる効果や運動力をキープする力があり、その効果は24時間継続します。

  • 記憶力をアップさせるためにはレギュラーコーヒーなら1杯、エスプレッソなら2杯
  • 運動機能をキープするには、勤務の1時間前にカフェイン含有量が180㎎の飲み物を摂ると、長時間体力をキープすることができます。

カフェインは大脳を刺激して精神が高揚させますから疲労回復効果もあり、肉体的にも精神的にも疲れやすい看護師にピッタリでしょう。「効果が現れるのはおよそ30分後からで、効果は8時間以上」ということを覚えておきましょう。飲用前に意識することで自己暗示をかけるのも効果的です。

看護師も人間らしい生活を

しかしながら、カフェインによる効果はドーピングです。
慢性的な疲労にはやがて効かなくなってきます。先日ニュースにもなりましたが、どんなエナジードリンクも元気の前借りをしているだけですので、量を増やしていくような過度の飲用は危険ですし、後で必ず大きな借りが返ってきます。

疲れがとれないなと感じ始めたら、夜は眠るという人間らしい生活に戻しましょう。今は夜勤なしの看護師求人もたくさんあります。夜勤なしでも高給与な求人もあります。
仮に高給与でなくても、同じくらい貰えるのなら夜勤なしの方が身体にとってはいいに決まっています。

このサイトでは安心して利用できる看護師求人サイトを挙げています。
無料登録すればそのサイトだけが持っている非公開の求人もチェックできますので、是非利用してみてください。

あなたの健康を守るのはあなた自身です。

オススメ求人サイト

1位看護のお仕事

「サービス満足度 №1」「コンサルタント対応満足度 №1」「友達にすすめたいランキング №1」の3冠を達成した「看護のお仕事」はまさに業界のスタンダードです。特に担当者(コンサルタント)が丁寧で、

・希望する職場に求人がなくても改めて需要を調べてくれる。
お給料などの待遇面の交渉を代わりにやってくれる。
転職後のトラブルも相談に乗ってくれる

まさに2018年度2月現在で必ず押さえておきたい転職サイトです。

 

2位MCナースネット

『MCナースネット』では他の転職サイトではあまりない企業や学校関連の求人が豊富です。看護師の様々な働き方を追求してくれているのに好感が持てます。夜勤や病院が嫌になった方には是非おすすめします。健診や派遣、ツアーナースなどの案件も他より豊富です。

3位ジョブデポ看護師

「ジョブデポ看護師」は広告費をお祝い金にあてることで最大40万円ものお祝い金を貰えるようになっています。無料登録することで非公開求人の中身もチェックできるようになりますので、是非登録してみてください。

      2017/07/28

 - 夜勤の現状, 心と体 ,