夜勤なし看護師なら子育てしやすい

夜勤なしの看護師なら子育てしやすいの?

夜勤なしの看護師は子育てしやすい

子育て中のナースには夜勤のない職場をオススメします。

わたしの務める介護施設に、シングルマザーの介護職の方がいるのですが、そのお子さん(当時6歳)が精神的なショックで救急搬送されるということがありました。

お子さんを一人にしていたわけではありません。実母(お子さんからみるとおばあちゃん)と一緒にいました。それでも母親のいない寂しさが相当のストレスになったのでしょう。幸いにも心因性の腹痛で大事には至らなかったのですが、彼女はデイサービスへと転職していきました。
(以前、夜勤なし職場で子育てに成功した体験談を書きました。)

看護師の子供には問題児が多い?

そのこともあっていろいろ調べていたのですが、統計的に、子供たちは夜になると不安を感じるようです。子供の頃を思い出してみてください。

「隣で寝ているのは本当のお母さんなのだろうか?」
「寝ているお母さんが死んでたらどうしよう?」

そんなことが不安になって、母親の寝顔を見つめたりした経験はありませんか?
お母さんが夜勤でいなければ、それすらできないのです。

巷では看護師の子供には問題児が多いなんていう噂を聞くこともあるくらいです。

夜勤なし看護師求人なら

1位看護のお仕事

「サービス満足度 №1」「コンサルタント対応満足度 №1」「友達にすすめたいランキング №1」の3冠を達成した「看護のお仕事」はまさに業界のスタンダードです。特に担当者(コンサルタント)が丁寧で、

・希望する職場に求人がなくても改めて需要を調べてくれる。
お給料などの待遇面の交渉を代わりにやってくれる。
転職後のトラブルも相談に乗ってくれる

まさに2018年度2月現在で必ず押さえておきたい転職サイトです。

 

2位MCナースネット

『MCナースネット』では他の転職サイトではあまりない企業や学校関連の求人が豊富です。看護師の様々な働き方を追求してくれているのに好感が持てます。夜勤や病院が嫌になった方には是非おすすめします。健診や派遣、ツアーナースなどの案件も他より豊富です。

3位ジョブデポ看護師

「ジョブデポ看護師」は広告費をお祝い金にあてることで最大40万円ものお祝い金を貰えるようになっています。無料登録することで非公開求人の中身もチェックできるようになりますので、是非登録してみてください。

各発達段階での母親の重要性

乳児期

赤ちゃんが眠たい時に愚図るのは、眠る→起きるということが理解できず。眠る=自分が消えるという認識を持っていると言われています。

そんな不安な時にはそばに居てあげたいと思いませんか?

幼児期

このころの子供は過去現在未来というものがはっきりとは理解できていません。言葉では「今日」「明日」「昨日」という言葉を使いますが、「先週」も「昨日」だったり、「来年の誕生日」が「明日」だったり、時間の概念がまだまだ曖昧です。だから、

「明日になったら帰ってくるよ」

ということがわからないのです。お母さんが夜勤に出かけるとき、いつ帰ってくるのかということが曖昧なわけですから、不安ですよね。

また、この時期は母親との関係が特に大事な時期です。一部の人格障害などの大きな要因に「母親からの見捨てられ体験」があるのはご存知でしょうか?

発達心理学的に、生まれてしばらくは「母子一体」として過ごすわけですが、この時期から徐々に「母子分離」をはじまります。第一次反抗期もそのあらわれです。

この時期が最もその後の人格に影響を及ぼすとされています。お母さんがそばにいれば、子供は安心して「ちょっとだけ離れたり、戻ってきて甘えたり」出来るのです。特に心が不安になる夜はそばにいてあげましょう。

学童初期

6歳から12歳までを学童期といいます。いろいろ物事がわかってくる年齢ですが、初期はまだまだ幼児的であり、後期は思春期の始まりにもかかっています。

最初に例を書いたお子さんは6歳でした。お母さんである介護士に詳しく話を聞くと、「我慢しなければならないことはわかっているが、それを抑え込めるほどは成長してなかった」というのが腹痛の原因だったそうです。それを聞いて胸が痛かったのを今でも覚えています。

昼間は学校〜学童保育で気持ちも紛れるのでしょうが、夜になると不安が押し寄せていたのでしょう。彼はどのくらいそんな夜を過ごしたのでしょう?

学童後期〜思春期

この頃はいろんなことに興味を持ち、異性との交友や行動範囲も大きく広がります。それに伴うトラブルも多くなる頃です。夜間の外出も肉体的・精神的に十分可能な年頃になっています。

本人が悪くなくても、友達に誘われてトラブルに巻き込まれることもあるでしょう。

お母さんの目というのがとても大事な時期です。

夜勤なし看護師でも年収が下がらない?

何を持って幸せとするかというのは難しい問題ですが、わたしには子供達の安全と成長が一番の幸せのような気がします。
幸せとは不幸せじゃないことではないでしょうか?

夜勤なしになることで収入は少し減るかも知れませんが、子育てを後悔することはなくなるはずです。
いいえ、収入が減るかどうかも求人探しをしっかりとやればそんなことはありません。

わたしは夜勤なしで年収500万をもらっています。
贅沢をしなければ十分な暮らしではないでしょうか?

旦那さんと共働きならなおさらです。

オススメ求人サイト

1位看護のお仕事

「サービス満足度 №1」「コンサルタント対応満足度 №1」「友達にすすめたいランキング №1」の3冠を達成した「看護のお仕事」はまさに業界のスタンダードです。特に担当者(コンサルタント)が丁寧で、

・希望する職場に求人がなくても改めて需要を調べてくれる。
お給料などの待遇面の交渉を代わりにやってくれる。
転職後のトラブルも相談に乗ってくれる

まさに2018年度2月現在で必ず押さえておきたい転職サイトです。

 

2位MCナースネット

『MCナースネット』では他の転職サイトではあまりない企業や学校関連の求人が豊富です。看護師の様々な働き方を追求してくれているのに好感が持てます。夜勤や病院が嫌になった方には是非おすすめします。健診や派遣、ツアーナースなどの案件も他より豊富です。

3位ジョブデポ看護師

「ジョブデポ看護師」は広告費をお祝い金にあてることで最大40万円ものお祝い金を貰えるようになっています。無料登録することで非公開求人の中身もチェックできるようになりますので、是非登録してみてください。

      2017/07/28

 - 口コミ, 夜勤のない職場, 給料・年収・手取り , , ,