介護施設の看護師業務内容

介護施設の看護師の業務内容はどんなの?

介護施設のナースの業務内容

現在、介護施設で夜勤なし看護師として働いているわたしですが、業務内容とおおまかなスケジュールを報告したいと思います。

まず、勤務形態は主に3つにわかれていまして、

  • 早出(8:00~17:00)
  • 日勤(9:00~18:00)
  • 遅出(11:00~20:00)

となっています。早出・遅出はそれぞれ2回/週くらいのペースでまわってきます。

これらは看護師長が常勤の看護師にまんべんなく当たるようにシフトが組まれますのでこれといった不満は出ていません。

子育て中のママさん看護師さんにとっては、保育園のお迎えなどもあり20時までの遅出というのはなかなかツラいところもあるようですが、この辺りはボーナスを含む給料面とのせめぎあいですね。うちの場合だと、旦那さんが自営業だったり、実母さんや義母さんが近くに住んでいたりしてなんとかなっているようです。

ただ、どうしても無理というようなことも出てきますので、そんな時は勤務交代で乗り切ります。
当然のことながら、土日祝は交代で出勤します。

ただ残念ながらわたしの施設では休日手当は出ません(笑)。

夜勤なし看護師求人なら

1位看護のお仕事

「サービス満足度 №1」「コンサルタント対応満足度 №1」「友達にすすめたいランキング №1」の3冠を達成した「看護のお仕事」はまさに業界のスタンダードです。特に担当者(コンサルタント)が丁寧で、

・希望する職場に求人がなくても改めて需要を調べてくれる。
お給料などの待遇面の交渉を代わりにやってくれる。
転職後のトラブルも相談に乗ってくれる

まさに2018年度2月現在で必ず押さえておきたい転職サイトです。

 

2位MCナースネット

『MCナースネット』では他の転職サイトではあまりない企業や学校関連の求人が豊富です。看護師の様々な働き方を追求してくれているのに好感が持てます。夜勤や病院が嫌になった方には是非おすすめします。健診や派遣、ツアーナースなどの案件も他より豊富です。

3位ジョブデポ看護師

「ジョブデポ看護師」は広告費をお祝い金にあてることで最大40万円ものお祝い金を貰えるようになっています。無料登録することで非公開求人の中身もチェックできるようになりますので、是非登録してみてください。

介護施設で働く看護師の業務詳細

業務内容ですが、早出、日勤、遅出によってそれぞれ違ってきます。

早出・日勤(主に処置)

08:00~11:00 胃瘻患者さんへの注入(内服・栄養剤)。夜勤の介護職よりの申し送り。それから処置。一番数が多く時間のかかる処置が浣腸・摘便自力で排泄できない方が多いですので、ひとりひとりに結構時間がかかります。あとは膀胱洗浄や病院ほど数は多くないですが、採血、点滴などがあります。

11:00~11:30 看護師間ミーティング

11:30~12:30 配薬・服薬介助をしながら昼食見守り。胃瘻患者さんへの注入(内服・栄養剤)。併設するデイサービスの昼食も見守りに行ったりします。

12:30~13:15 昼休憩

13:00~15:00 浣腸摘便、点滴などの処置。一日分の内服をセット・チェック。

15:00~16:00 検査の準備、物品の請求、滅菌(中材なんてありませんから、オートクレープで滅菌をかけます)。

16:00~17:00 15分ずつ交代で休憩をまわします。

17:00~18:00 配薬。胃瘻患者さんへの注入(内服・栄養剤)。

遅出(診療介助)

11:00~11:30 看護師間ミーティング

11:30~12:30 体調不良者の見回り。電子カルテ記入。ドクターが来園すれば診察介助。

12:30~13:30 昼休憩

13:30~16:00 ドクターの診察介助。処方箋の処理。

16:00~17:00 15分ずつ交代で休憩をまわします。

17:00~18:00 食事の見守りをしながら、ドクターの指示受け・介護職への指示出し。

19:00~20:00 最終ラウンド。胃瘻患者さんへの注入(内服)。

日勤の業務はパートの看護師さんに支えられている感じになっています。

日勤の看護師が多い時は、外部受診に付き添ったりもしますし、職員の健康診断なども行います。

大変なこと

1年単位で見ていくと、インフルエンザなどが蔓延したときなどは業務がかなり忙しくなります。

と言っても出来ることは限られていますので、インフルエンザテスト・隔離の判断・内服もしくは点滴くらいで、手におえないと判断した場合は速やかに病院に搬送します。

インフルエンザに限らず難しいのがこの判断で、介護職はすぐに「無理です!」と言ってきますし、実際その気持ちもわかるのですが、「経口摂取が全く出来ない」などある程度重症化しないと、軽症では受け入れ先の病院が見つかりません。

介護職の不安を取り除きつつ、症状を冷静に見極めながら振り分けていくという難しさがあります。

また、夜間の電話も時々かかってきます。わたしの施設では電話当番の手当はありませんが、年に1~2回くらいですので、それほど負担にはなりません。以下の3点をきっちりしておけばそれほど多くなることないと思います。

  • パターン化できるものはマニュアル化しておく(例えば夜間熱発時の対応など)。
  • 昼間にしっかり対応しておく。
  • 帰宅前に指示を出しておく。

介護職との関係は少しコツがいります。これは介護施設で働く看護師のスキルと呼べるのではないかと思っています。

これからも介護施設が不要になることはありませんし、もっと言えば、「夜勤なし看護師求人」といえば介護分野(入所施設だけでなくデイサービスなども含む)がメインになっていますから、介護施設で看護師として働くことは、将来的にも損にはならない筈です。

オススメ求人サイト

1位看護のお仕事

「サービス満足度 №1」「コンサルタント対応満足度 №1」「友達にすすめたいランキング №1」の3冠を達成した「看護のお仕事」はまさに業界のスタンダードです。特に担当者(コンサルタント)が丁寧で、

・希望する職場に求人がなくても改めて需要を調べてくれる。
お給料などの待遇面の交渉を代わりにやってくれる。
転職後のトラブルも相談に乗ってくれる

まさに2018年度2月現在で必ず押さえておきたい転職サイトです。

 

2位MCナースネット

『MCナースネット』では他の転職サイトではあまりない企業や学校関連の求人が豊富です。看護師の様々な働き方を追求してくれているのに好感が持てます。夜勤や病院が嫌になった方には是非おすすめします。健診や派遣、ツアーナースなどの案件も他より豊富です。

3位ジョブデポ看護師

「ジョブデポ看護師」は広告費をお祝い金にあてることで最大40万円ものお祝い金を貰えるようになっています。無料登録することで非公開求人の中身もチェックできるようになりますので、是非登録してみてください。

      2017/07/28

 - 介護施設, 夜勤のない職場 , ,