夜勤なし看護師求人~職場一覧

夜勤なし看護師求人なら

1位看護のお仕事

「サービス満足度 №1」「コンサルタント対応満足度 №1」「友達にすすめたいランキング №1」の3冠を達成した「看護のお仕事」はまさに業界のスタンダードです。特に担当者(コンサルタント)が丁寧で、

・希望する職場に求人がなくても改めて需要を調べてくれる。
お給料などの待遇面の交渉を代わりにやってくれる。
転職後のトラブルも相談に乗ってくれる

まさに2018年度2月現在で必ず押さえておきたい転職サイトです。

 

2位MCナースネット

『MCナースネット』では他の転職サイトではあまりない企業や学校関連の求人が豊富です。看護師の様々な働き方を追求してくれているのに好感が持てます。夜勤や病院が嫌になった方には是非おすすめします。健診や派遣、ツアーナースなどの案件も他より豊富です。

3位ジョブデポ看護師

「ジョブデポ看護師」は広告費をお祝い金にあてることで最大40万円ものお祝い金を貰えるようになっています。無料登録することで非公開求人の中身もチェックできるようになりますので、是非登録してみてください。

夜勤なし看護師求人~職場一覧

夜勤なし看護師の職場一覧

看護師の仕事に夜勤はつきものと思っていませんか?

看護師には夜勤をしなくてもよい職場がたくさんあります。

「夜勤がツラくて看護師を辞めてしまおうかな」と思っている人は、ぜひ、夜勤なしの求人にどんなものがあるか知ってください。看護師の転職先で夜勤なしの職場には次のようなところがあります。

目次

クリニック・小規模病院の外来

小規模病院の外来やクリニックも日勤のみの仕事になりますが、夜診(夕診)があるところが多くなります。そういうところでは昼で一旦終わって夜診は17時頃からという変則的な勤務となります。

夜診を遅くまでやってるクリニックではもっと変則的な勤務かもしれませんので、確かめておく必要があるでしょう。また、最近では午前診と夜の間に往診や訪問看護に出るところも多いようです。

日祝は休みか土曜日は午前のみといったところが多いです。

クリニックや小規模病院は数が多く、近所で見つかる可能性が高いですが、あまり近いと知り合いにあったり、辞めた後に利用しづらいなんてこともありますので、適度な距離のあるところがオススメです。

また、スタッフの数が少ないですから、人間関係には気を使うかもしれません。特にクリニックではドクターの人柄に左右されるところが大きいです。昼間だけと割り切るのも良いですが、求人サイトのコンサルタントなどから手に入れるだけの情報は集めておきましょう。

こういうところも良い待遇のところは空きが出にくく、求人も少数名になりますので、空きがあればすぐに動きたいところです。

専門科のクリニックなどでは経験者を非公開で募集している可能性もありますから、求人サイトなどに登録し教えてもらえるようにしておくとお得な転職先が見つかるかもしれません。
▲目次にもどる

中規模から総合病院の外来

比較的大きめの病院であれば、保障もしっかりしています。

日祝は休み、土曜日は午前のみといったところが多いようです。

しかしながら求人はあまり多くはありません
病棟看護師が結婚・出産などを機に日勤のみの仕事を希望した時にそこから補充するからです。

また、比較的長く務める人も多く、空きがなかなかでません

いつも求人が出ているところなどは、なにか訳ありかもしれないので注意が必要ですね。
判断が難しいところですが、良い職場でたまたま空きがあった場合は逃す手はありません。
▲目次にもどる

福祉・介護施設

特別養護老人ホーム・有料老人ホーム・身体障害者養護施設

この辺りが一般的な「日勤のみで働く介護福祉系の職場」になります。

最近では胃瘻の方や吸引を必要とする方、尿道カテーテルの入った方がこういった施設へ入所するケースが多く、医療ケアの充実を求められています。

※2015年現在、介護職による胃瘻への注入・喀痰吸引については講習を受けたものに資格を与えるなど法整備がなされている最中ですが、例えば、「胃瘻への注入は食事はOKだが、与薬はダメ」といったあまり現実的ではない状態で、まだまだ現場の判断に任されているような状態です。ナースはこれらの指導なども行います。

わたし自身がこういうところに勤めているのでよくわかるのですが、

メリットとしては

  • 利用者さん(患者さん)としっかり接することが出来、病棟に近いやりがいがある。
  • 多様な疾病に当たりますので、勉強になる。
  • 浣腸・摘便、点滴などの処置もあるので手技のスキルが比較的落ちない。

そういう意味でも病棟に近い印象です。

デメリットは責任でしょうか。常勤のドクターがいるとは言え、時間通りに来ないパターンが多いですので、メールや電話で報告して動くことが多くなり、現場の医療的判断は看護師に委ねられていることになります。

その辺りの判断に責任が辛くて辞める人もいますが、チームワークのいい職場ではお互いの情報を共有して上手くやっています。

勤務状態は変則勤務の場合が多く、早出や遅出がある可能性が高いです。詳しい時間帯について、前もって情報を得ておく方が良いでしょう。

また、夜間の電話当番があるところもあります。

例えば、うちの場合は電話当番というより電話相談で、大雑把に言えば2回/年くらい夜間の電話がかかってくる感じです。うちは手当がない分、気が楽ですが、電話当直として手当が支給されているところでは、当番の日に出かけたり飲酒したりができなくなったり、かなり拘束されてしまいます。手当なしの電話相談だとそういう拘束はありません。

どちらが良いかというのは難しいところですが、当番を回す看護師の人数。夜間の電話の頻度にもよるでしょう。看護師7名で回しているなら週に1回の当番ですが、少なくなれば、電話当番の頻度があがります。頻度が多いようであれば手当なしだとやってられないだろうと思います。

電話当番の手当の有無や、当番制なら何名で回しているか。などの状況は把握しておきましょう。これは結構見落としやすいポイントですので、必ずチェックしてください。

ところで、医療ケアが求められているなら、今後看護師の夜勤が導入されるのでは?と心配する方もいますが、わたしはその可能性は低いと思っています。
というのも、看護師に夜勤をさせようと思えば、常勤看護師の人数を揃えねばなりません。少なくとも最低7名以上は必要になります。もしくは夜勤専従のパートを雇うかです。そうなると介護士を増やすよりもかなりのコストがかかります。
介護福祉系の施設は病院と違って収入がほぼ一定ですから、支出をどう抑えるかが儲けの鍵になり、人件費などを使いたがりません。そういった意味で、この分野によほどの政治的な改革(補助金など)がないかぎりは看護師の夜勤という方向にはならないような気がしています。

ただし公的な施設や、母体の大きな施設の場合はお手本の意味もありますから、夜勤が始まる可能性もあります。

参考)夜勤のない介護施設で務めた場合の給料詳細

夜勤なし看護師求人なら

1位看護のお仕事

「サービス満足度 №1」「コンサルタント対応満足度 №1」「友達にすすめたいランキング №1」の3冠を達成した「看護のお仕事」はまさに業界のスタンダードです。特に担当者(コンサルタント)が丁寧で、

・希望する職場に求人がなくても改めて需要を調べてくれる。
お給料などの待遇面の交渉を代わりにやってくれる。
転職後のトラブルも相談に乗ってくれる

まさに2018年度2月現在で必ず押さえておきたい転職サイトです。

 

2位MCナースネット

『MCナースネット』では他の転職サイトではあまりない企業や学校関連の求人が豊富です。看護師の様々な働き方を追求してくれているのに好感が持てます。夜勤や病院が嫌になった方には是非おすすめします。健診や派遣、ツアーナースなどの案件も他より豊富です。

3位ジョブデポ看護師

「ジョブデポ看護師」は広告費をお祝い金にあてることで最大40万円ものお祝い金を貰えるようになっています。無料登録することで非公開求人の中身もチェックできるようになりますので、是非登録してみてください。

デイケア・デイサービス、作業所

地域で増えてきている職場です。大小様々なところがありますので、給料などの条件も様々です。ある程度の収入と保障を求めるのならば、施設や病院など母体に併設しているところが良いでしょう。デイサービスは一気に数が増えたので、小さなところは最悪潰れてしまう可能性があります。

デイサービス(通所介護サービス)、デイケア(通所リハビリテーション)、作業所、での看護師は大体似たような仕事内容になります。大きな違いは医療処置を行うかどうかという、その施設の方針によるところが大きくなります。

(作業所:障害者支援の通所施設ですが看護師の職場として見た場合、デイサービスやデイケアに近いものになっています)

基本的に医療ケアをしない方針のところでは、処置はほとんどない(あっても消毒やガーゼ交換程度)のですが、その代わり何かあれば、家族や主治医、ケアマネージャーなどと連携をとらねばなりません。

大体、看護師1名配置ですので、相談できる人はいないと考えていた方が良いと思います。が、逆を言えばメインは電話を使った連絡ですので、気が楽といえば楽です。急変時の対応や簡単な処置、それ以外は介護職のヘルプといった仕事内容です。

医療ケアをしていく方針のところでの看護師は、浣腸・膀胱洗浄・胃瘻への注入・吸引・インシュリン注射など簡単な処置を行います。

そのような施設では、「浣腸はデイで」というような利用者が多く集まって来ますので、そういった処置がメインの仕事内容になります。といっても医師は居ませんので、処置などは主治医からの指示通りのことを行います。気づいたことや異変があれば主治医や家族、ケアマネージャーへ連絡し連携を取ります。

医療ケアに対する方針がどうなっているかしっかりきいておく方が良いでしょう。外部との連携が多くなる職場ですので、コミュニケーション能力が問われることになります

介護老健保健施設

いわゆる老健というところで、病院から地域までのつなぎとなる施設です。そのためまだ医療ケアを必要とする利用者が多く、基本的に夜勤がある職場ですが、あえて載せておきます。

夜勤ではナースひとりに介護職数名というパターンになり、介護職の教育係・リーダー的役割も担わなくてはなりません。老健で働いたこともありますが、結構しんどい職場でした。

人数確保のために日勤のみの募集があるかもしれませんが、残業が結構多めです。公的な機関の運営など母体が大きいところなら一考の価値はあるかもしれません。
▲目次にもどる

訪問看護ステーション

訪問介護の仕事は、患者さんの自宅を訪問し、医療ケアを行います。

訪問介護ステーションの中には24時間体制をとっているところもありますので、転職時には確認しておく必要がありますし、昨今の流れから今後24時間体制になることもあり得ます。

訪問看護ステーションで働く難しさに責任問題があります。

医師の指示書で動くのが基本ですから、その場で異変を見つけたら基本は救急車を呼ぶか、医師に連絡をとるか、になるのですが、救急車を呼ぶほどではないが、放っておけないという微妙な事態(熱発など)がよく起こります。

しかしながら時間は決まっていますから、ドクターや家族などに連絡し、自分はそこを去らねばなりません。看護師の守備範囲はどこまでかをしっかりと把握した上で、ある意味割り切りのようなものが必要なようです。
▲目次にもどる

保育園

保育園も夜勤なしの職場として看護師から人気の転職先です。

仕事内容は園児の病気やケガの対応、そして歯磨き・手洗いなどの衛生指導。それから予防接種の補助や健康診断も行います。

保育園の閉園時間が就業時間ですから、遅くても19時までの勤務ですが、中には22時までの夜間保育を実施している保育園や、認可外保育園では24時間体制で子供を預かっているところもありますから、そのような保育園への転職では、勤務時間を確認しておく必要があります。

保育園看護師の仕事の難しいところは、親との関係です。

モンスターペアレントでなくとも、どの親も子供のことは大事ですし、看護師が動く時は園児に怪我や病気が起こった時ですから、気を使う職場であると聞いています。病気や怪我など誰も悪くない出来事だからこそ、誰かに怒りをぶつけたくなるのが人間の心理ですので、その矢面に立つ場面も多いようです。
▲目次にもどる

美容外科

変わり種としては美容外科があります。

ほとんどの美容外科では入院施設が設けられていませんので夜勤はありません。美容外科は自由診療のところが多く、看護師に支払われる報酬も病院勤務に比べると高めに設定されているようです。

最新の美容についても学べますから面白い職場と言えますが、年齢制限があったり、面接で(おそらくは)ルックスを重視されたりと美容系独特の嫌な面もあります。

(参考:美容外科で夜勤なしの看護師求人を見つける方法

▲目次にもどる

産業看護師

企業の専属看護師として働くのが産業看護師です。企業の就業時間に準じて勤務をします。
主な仕事は社員の健康管理ですので、健康診断の準備や統計的な書類作りが中心です。また最近ではメンタルへルスなんかも重要視されていますから、カウンセラーを雇えない企業においては相談的な業務があるかもしれません。どちらかと言えば保健師的な仕事です。

いずれにしても、仕事内容は経営陣によって決められてますので、確認が必要です。
企業の一社員として働きますから、給与や福利厚生などが充実していて、看護師の転職先と人気が高いですが、同じく募集は少数名で空きは中々出ません

また、また病院で働く看護師とはイメージがずいぶん違いますので、いわゆる看護師的なやりがいという意味で物足りないという人がいるかもしれません。
▲目次にもどる

治験コーディネーター

治験コーディネーター(CRC)は新薬の開発を行う製薬会社と病院、そして臨床試験を受ける治験者とのパイプ役です。

治験がスムーズに行われるよう動くのが治験コーディネータです。
治験コーディネーターの仕事は日中行いますから、夜勤がありません。
ただし、治験の進み具合や患者に急変があった場合などは残業や勤務時間外であっても呼び出されるケースもあるようです。
▲目次にもどる

いずれにしても夜勤なし看護師求人は非公開がほとんど

夜勤なしの看護師求人は非公開の場合がほとんどです。

非公開求人というのは文字通り募集を非公開にしているということで、求人サイトに登録するとチェックできるようになります。

なぜそんなことをするのか?ですが、一番大きな要因は、少数名募集にたくさんの応募があるとそれだけ選考にコストがかかるということのようです。是非、求人サイトに登録して調べてみてください。

▲目次にもどる

オススメ求人サイト

1位看護のお仕事

「サービス満足度 №1」「コンサルタント対応満足度 №1」「友達にすすめたいランキング №1」の3冠を達成した「看護のお仕事」はまさに業界のスタンダードです。特に担当者(コンサルタント)が丁寧で、

・希望する職場に求人がなくても改めて需要を調べてくれる。
お給料などの待遇面の交渉を代わりにやってくれる。
転職後のトラブルも相談に乗ってくれる

まさに2018年度2月現在で必ず押さえておきたい転職サイトです。

 

2位MCナースネット

『MCナースネット』では他の転職サイトではあまりない企業や学校関連の求人が豊富です。看護師の様々な働き方を追求してくれているのに好感が持てます。夜勤や病院が嫌になった方には是非おすすめします。健診や派遣、ツアーナースなどの案件も他より豊富です。

3位ジョブデポ看護師

「ジョブデポ看護師」は広告費をお祝い金にあてることで最大40万円ものお祝い金を貰えるようになっています。無料登録することで非公開求人の中身もチェックできるようになりますので、是非登録してみてください。

      2017/07/28

 - 夜勤のない職場 , ,