夜勤なしで「看護師をしながら子育てに成功した例」

子育てと看護師の両立は難しい?

夜勤なしで子育てに成功した看護師

1日中の立ち仕事や時間に追われる業務、そして不規則な休日や残業など、看護師がキツイ仕事と言われる理由はいくつもありますが、そうした理由の中でも常に上位にランクインしているのが夜勤です。

肉体的な疲労だけでなく、スタッフが減ることから一人当たりの責任も大きくなるので精神的にも疲れます。
夜勤は独身・既婚を問わずハードワークですが、とりわけ子育てと看護師を両立している人には他の人の何倍もの苦労があります。

今は夜勤なしでもしっかりと稼げる職場が増えています。
介護施設は引く手あまたですし、病院でも看護師不足解消のために「夜勤なしの常勤」という働き方があります。そういう場所なら、子育ても看護師も十分に両立できます。

子供とすれ違いの生活リズム

夜勤ありの看護師の仕事をしていると、どうしても生活リズムが家族とズレてしまいます。
単純に言えば、子供が起きている時に寝て、子供が寝ている時に働いているわけですから、まさしく子供とすれ違いの生活ですよね。

親子のスキンシップをとる時間だって限られていました。
「幼少期の大切な時期に私は子供に愛情を注げていたか?」と聞かれると恥ずかしながら私は下を向いてしまいます。

高熱を出して苦しんでいる娘を残して、後ろ髪を引かれる思いで仕事へ出かけたこともありました。

夜勤なしだったらどんなにいいと思ったか。

うわごとで「ママ、ママ」と呼んでいたよと後に主人から聞かれされると、心の底から申し訳ない気持ちになったことを覚えています。

子育ての時間はいつまでも続く訳ではありません。
「今しかない!」貴重な子育ての時間を私は夜勤によって邪魔されたくないと思い、一大決心をしました。

子育てのために夜勤なし看護師へ転職

子供とのすれ違いに悩み続けた私は、転職を決心しました。
「まず夜勤なし」であること条件に看護師求人を探したんです。

子育て中の私にとって、夜勤なしで働けることでの今までの生活が一変しました。
当たり前のことですが、毎日子供と一緒に眠ることができるのです。
後ろ髪を引かれる思いで仕事へ向かうこともなければ、親子とのスキンシップの時間だって十分に取れるようになりました。

夜勤なし看護師になってまず変わったことは、子供の表情ですね。
「ママはもうどこにも行かないんだ」といった安心感が自然と表情に出てきていると思います。
娘のイキイキとした表情を見ると、とても幸せな気持ちになりますが、同時に「今まで寂しい思いをさせてゴメンね・・・」といった感情がこみあげ、どうしてもっと早く求人サイトを見なかったのかと後悔しましたね。

看護師を続けたい。でも子育ての時間は今しかない

ナースとして責任のある立場を目指すのもそれはそれでいいと思います。色んな手当も貰えますし。
でも、私は子供との時間の方を、夜勤なしの看護師を選びました。

子育ての時間はいつか終わってしまいます。それなら、子育ての時間を思いっきり大切にするべきだと思ったからです。今は求人サイトで転職して本当に良かったと思っています。

いかがでしょうか?

看護師求人サイトではハローワークやナースバンクではなかなか見つからない「夜勤なし看護師求人情報」を多数取り扱っています。特に老舗の看護師求人サイト「ナースではたらこ」では【働き方にこだわる看護師】に好条件の求人を非公開で紹介してくれています。登録や利用に一切費用はかかりませんから、是非利用してみてください。

オススメ求人サイト

1位看護のお仕事

「サービス満足度 №1」「コンサルタント対応満足度 №1」「友達にすすめたいランキング №1」の3冠を達成した「看護のお仕事」はまさに業界のスタンダードです。特に担当者(コンサルタント)が丁寧で、

・希望する職場に求人がなくても改めて需要を調べてくれる。
お給料などの待遇面の交渉を代わりにやってくれる。
転職後のトラブルも相談に乗ってくれる

まさに2018年度2月現在で必ず押さえておきたい転職サイトです。

 

2位MCナースネット

『MCナースネット』では他の転職サイトではあまりない企業や学校関連の求人が豊富です。看護師の様々な働き方を追求してくれているのに好感が持てます。夜勤や病院が嫌になった方には是非おすすめします。健診や派遣、ツアーナースなどの案件も他より豊富です。

3位ジョブデポ看護師

「ジョブデポ看護師」は広告費をお祝い金にあてることで最大40万円ものお祝い金を貰えるようになっています。無料登録することで非公開求人の中身もチェックできるようになりますので、是非登録してみてください。

      2017/05/10

 - 口コミ , ,